KL04

■ 驚異の3.5"ハードドライブ10台装着可能

■ フレキシブルなmulti2.5インチのドライブスロット

■ 通気口のない美しいSilverStoneのフロントパネル

■ ホコリを効率的に防ぐ正圧設計

■ 敏速なCPUクーラー取り付け用のマザーボード背面開口部

■ 最大17" (431mm) 長の拡張スロットカード8枚をサポート

■ 容易に扱え、取り外せるファンフィルタ

■ スマートな後部ケーブル取り回し設計

 

製品仕樣

型番 SST-KL04B (ブラック)
SST-KL04B-W(ブラック+ウィンドウ)
材質 プラスチック製フロントパネル、スチール製ボディー
マザーボード SSI-CEB, ATX (up to 12” x 10.9”), Micro-ATX
ドライブベイ 外部 5.25" x 4
3.5" x 1 (ハードドライブと互換)
内部 3.5" x 9 (オプションで3.5”HDD x 8 + 2.5” x 1), 2.5” x 6
冷却システム 前面 --
背面 1 x 120mm排気ファン, 1200rpm, 21dBA
サイド サイド:1 x 120mm 吸気ファン, 1200rpm, 21dBA
サイド:1 x 120mm ファンスロット
トップ 1 x 120mm 吸気ファン, 1200rpm, 21dBA
1 x 120mm or 140mm ファンスロット
底面 1 x 120mm ファンスロット
内部 --
対応ラジエター 前面 N/A
背面 120mm x 1
トップ 120mm x 1 / 240mm x 1
底面 N/A
拡張スロット 8
フロント I/O ポート USB 3.0 x 2
audio x 1
MIC x 1
電源 1 x オプション装備標準PS2(ATX)
グラフィックス カード *拡張17" (431mm)グラフィックスカード装着可能,幅の制限-6.14" (155mm)
CPUクーラーの限度 168mm
PSUの限度 **限度なし
実重量 8.2kg
寸法 214mm(W) x 489mm(H) x 499mm(D), 52.2 リットル
その他 ケンジントンロック対応

備考
*ハードドライブがカード前面にインストールされるならば、長さ制限は12.8インチ(325mm)です
**底部ファンまたは2.5"SSDをインストールすると、PSU最大長は180mm(または特に配線スペースを取る場合は160mm)であり、それ以外は長さ制限が全くありません

 




  • ダウンロード
  • おすすめ製品
  • 製品 レビユー
  • Q&A


Describe Ver サイズ ダウンロード
KL04 Manual v1.0 7,286 KB
KL04 High resolution photos 355 KB
KL04 eDM (JP-KL04-EDM.pdf)   270 KB

CP06 Four-in-one SATA power connectors with power stabilizing capacitors その他...
CP08 SATA III cable with non-scratch locking mechanism and 90° connector その他...
FP37 Premium 3.5" front bay card reader with SDXC and USB 3.0 support その他...
FP55 Use FP55 to support one 3.5" and two 2.5" devices in a 5.25" drive bay. その他...
AP121 Equip your KL04 with AP121 for amazing cooling performance. その他...
FS305-12G 三つ 5.25インチハードディスク溝から、五つ3.5インチ SAS 12G / SATA 6 Gbit/s スロットレスタイプホットスワップ HDD/SSD 機械ケースまで その他...
ST1200-PT パフォーマンス、効率、および品質の完璧なバランス その他...
KL04は独自の5cm間隔をドライブケージと吸気ファンの間に設計してあります。これで冷却空気が装着されたハードディスクのアルミ ニウム面上に直接流れるのが可能になります。この設計は、Silverstoneの研究開発チームによって、全部装着されたケージが耐熱性を 有することがテストを通して確認されました。余分の5cm間隔も、KL04のグラフィックスカードへの冷却が設置されるハードディスク数 の影響を受けないように保護します。
ハードドライブファンとハードディスクのノイズは、右側の吸気口から漏れるので、ノイズ源を締め出すためにはPCを右側に設置す ることをお勧めします。
この余分のスペースは、ケーブル保管のために設計されています。非モジュラー電源が使用されているならば、余分のケーブルをそ こに保存することができます。モジュラー電源を使うとしても、置き忘れを避けるために使っていないケーブルを余分のスペースに保管 できます。
ラジエーターは、上面ファンが位置する場所に設置できます。ラジエーターを設置すると、大きなCPU空冷クーラーに干渉するので、 ラジエーターをCPU冷却に使用する必要があります。
これで、ハードディスクに接続されたSATAケーブルが長尺グラフィックスカードの妨げになるのを防止できます。