Temjinシリーズ     TJ11



■ Temjin TJ07を継承したコンパートメント式レイアウト

■ Temjin TJ09からの透明エアダクト

■ RAVEN RV01からの90°マザーボード設置

■ Air Penetrator AP181ファン2基により、スタック冷却を支援

■ 強力な水冷装置装着用のスペース

■ CPU領域背後のマザーボードプレート開口部により、クーラーの素早い設置が可能

■ 11インチ幅のATXマザーボードをサポート

■ デュアル電源サポート

■ 第10拡張スロット用の大型通気口

■ リベットなし構造で最大のメンテナンス性を実現

■ 陽極処理サンドブラスト仕上げの全アルミニウム構成

         2005年にSilverStoneは、比類のない一体化構造およびほぼ制限のない液冷構成用のコンパートメント式レイアウトを備えた先進のタワーケース、Temjin TJ07を開発しました。 そして2006年、美しいクラシックなデザインおよび将来供給される高性能グラフィックスカードの次世代冷却に対応したエアダクト設計を備えたTemjin TJ09が発表されました。2008年には、SilverStoneは伝統を打ち破り、90°マザーボード設置を採用した初のリテールコンピュータケースRAVEN RV01を開発、空冷性能および静音性を兼ね備えたベンチマークとなる新設計を打ち出しました。

         SilverStoneのエンジニア陣はこれまでの成果で満足することなく、2010年にはTemjin TJ11によるさらなる目標を設定しました。TJ11は以前のSilverStoneのフラッグシップ級製品の機能に加え、Air Penetratorファンなどの新設計も採用、冷却および低動作音を実現する優れたケースとなっています。

         加えて、クイックアクセスフィルタ、ホットスワップ対応ハードディスクドライブベイ、着脱可能マザーボードトレイ、CPU後部プレート開口部、最適化されたケーブル取り回し経路などの人間工学的な設計により、常に最も効率的に稼働すべくメンテナンスやアップグレードを容易に行えるようになっています。

ハードコアな愛好家にとって、全アルミニウム製の美しいデザインのTJ11は、リベットを使っていないので全てが取り外し可能であり、ケース全体に取り組む楽しさがあります。また下部コンパートメントはTJ07のよりも大きく、Hardware Labs製Black Ice® SR1 560 (4 x 140mm)のような最大の放熱装置も装着可能です。

         TJ11の潜在能力とフレキシビリティが、みな明かされました。1000W+装着時の空冷性能により、高性能ゲームPCを構築したり、 豊富なドライブベイオプションを備えた印象的なストレージサーバ、または液冷装備のテクノロジ満載の驚異的マシンを組上げたりすることが可能です。



Remark
 


型番 SST-TJ11B-W (ブラック+ ウィンドウ)
SST-TJ11B (ブラック)
--
--
材質 デュアルアルミニウム一体化フレーム、2.0mmアルミニウムボディー
マザーボード SSI-CEB, XL-ATX, ATX (最大13.6” x 11”), Micro-ATX
ドライブベイ 外部 5.25" x 9
--
内部 3.5"/2.5" x 6 hot-swap capable , 2.5” x3
冷却システム 前面 --
背面 --
サイド 2 x 180mm AP181吸気ファン700/1200rpm, 18/34dBA
トップ 1 x 120mm排気ファン、900rpm, 18dBA
底面 2 x 120mm吸気ファン1200rpm, 18dBA
内部 --
対応ラジエター 前面 N/A
背面 N/A
トップ 120mm x 1
底面 Require third-party mod part
拡張スロット 9+1
フロント I/O ポート USB 3.0 x 2
USB 2.0 x 2
オーディオ x 1
マイクx 1
電源 2 xオプション標準PS2(ATX)または1 x冗長性PS2
グラフィックス カード 拡張12.4" (314mm)グラフィックスカード装着可能,幅の制限-6.93" (176mm)
CPUクーラーの限度 171mm
実重量 17.4 kg
寸法 224 mm (W) x 642 mm (H) x 657 mm (D), 94.5 リットル


CLEARCMOS
Get a SST-CLEARCMOS add-on to conveniently clear CMOS without opening the case. その他...
FP55
Use FP55 to support one 3.5" and two 2.5" devices in a 5.25" drive bay. その他...
LS02
高輝度RGB LED装備のフレキシブルライトストリップ その他...
FN121-BL
Equip your TJ11 with FN121-BL for added lighting effect in available 120mm fan slots. その他...
FS304
三つ 5.25インチハードディスク溝から、四つ3.5インチ SAS/SATA 6 Gbit/s スロットレスタイプホットスワップ HDD/SSD 機械ケースまで その他...
 
 
Describe
Ver
Size
ダウンロード
TJ11 Manual
 v1.0 
5,063 KB
     
TJ11 High resolution photos
  
11,828 KB
     


A:There are two main types of heat pipes used in popular aftermarket coolers, they are groove and powder. Groove heat pipes are very susceptible to gravity while powder heat pipes are less so. To achieve best performance in either heat pipe technology, they need to be placed horizontally or have the heat source side located below the other end of the heat pipe. We recommend choosing and installing components with heat pipes carefully by taking into consideration of the following examples:

Motherboard:

The orientation of an enthusiast motherboard in a normal ATX case


The orientation of an enthusiast motherboard in the TJ11

As the illustrations above show, most enthusiast motherboards with heat pipes will work fine in the TJ11, the heat source is located below other parts of the heat pipe.
CPU cooler:
Horizontal style cooler


Good orientation Good orientation Bad orientation


Many CPU coolers can be rotated when installing on motherboards, the illustration here shows a SilverStone NT06-E

VGA cooler


The illustration here shows a VGA cooler that will not work well in the TJ11 because the heat source side (touching the GPU) ends up being located higher than the other end.