ホーム > >




     



         





CP13
180度SATA延長ケーブル その他...
PP05-E
より小型のケースおよびシステムにおいてケーブルの絡まりを劇的に減少 その他...
NT06-PRO
CPU cooler designed for SFF. その他...
GD10
HTPC case supports ATX motherboard and lockable front door. その他...
PM01
独特なスタイルおよび機能を備えた先進のコンピューターケース その他...
PS14
シンプルでリーズナブルなセパレート冷却ゾーン装備ATXケース その他...
Recommended system / barebone
ASrock C2750D4I その他...
ASUS Xonar HDAV1.3 Deluxe その他...
MSI Radeon RX 460 4GT LP その他...
 
 
Describe
Ver
Size
ダウンロード


There are no download items for this product.

A:Please check and see if the connector wire behind the VFD is touching the solder points behind the circuit board. If so, please separate them by taping the wire down or place non-conductive material in between the wires and the circuit board.

A:Both Windows XP and Vista 64-bit will recognize the card reader automatically and self-install driver for it.

A:Both Windows XP and Vista 64-bit will recognize the card reader automatically and self-install driver for it.

A:

If your computer is tripping the circuit breaker that means it is drawing too much power from one outlet. Please do the following:

1. Please make sure the computer is plugged directly into the wall outlet and do not use extension socket or other multiple outlet extension cords with the computer.

2. If the use of extension socket is necessary, avoid combined usage with other higher powered household appliances such as TV, audio amplifier, etc…

3. Contact your local electrician for information on how you can upgrade your house to accommodate higher electrical draw.

A:このモデルでは、指紋跡やひっかき傷に強い吹き付け塗装が採用されており、これは小さな凹凸を特長としています。

A:Before you turn on the PC please make sure the power connector from your system hard drive is isolated from the power connector connected to the hard drive you wish to hot-swap. Both connectors should be on different cables from the power supply.

  1. This is the correct IDE/SATA power connector configuration. Please refer the picture as shown. (A is your system hard drive, B is your hot-swap hard drive)
  2. This is the incorrect IDE/SATA power connector configuration where both drives are being powered by the same cable from the power supply.
This configuration affects all products with hot-swappable features including: KL series, FT series, RV series, and FP35.

A:

  1. When you are finished using your media cards (SD, CF, MS and SM etc), simply pull them out from the FP34/FP35.



  2. Please don’t use the “safely remove hardware” command as you do with normal USB devices. If you use the “safely remove hardware” command from the system tray icon, the FP34/FP35 card reader function will be disabled until you restart your system.

A:

Power switch and reset switch installation guide:
Please refer to the motherboard manuals for the motherboard’s “Front Panel Connector” or “System Panel Connector” pin definition. Power switch and reset switch have no polarity, so they can be connected in any orientation.



LED connector installation guide:
Please refer to the motherboard manuals for the motherboard’s “Front Panel Connector” or “System Panel Connector” pin definition.
White colored wires are negative while other colored wires are positive.
Power LED connector is designed as separate pins for compatibility with different motherboard specifications.

A:

Power switch and reset switch installation guide:
Please refer to the motherboard manuals for the motherboard’s “Front Panel Connector” or “System Panel Connector” pin definition. Power switch and reset switch have no polarity, so they can be connected in any orientation.


LED connector installation guide:
Please refer to the motherboard manuals for the motherboard’s “Front Panel Connector” or “System Panel Connector” pin definition.
White colored wires are negative while other colored wires are positive.

KL series Power LED installation guide:
Please connect this peripheral connector from the case to your power supply.

A:あなたのファンがマザーボードに接続しているならばA.と、我々はBIOSで温度調節機能をオフにするためにあなたに示唆します。あなたがあな たのマザーボードの上で温度調節機能を使用したいならば、我々は低い立上げ電圧と支配のより広い範囲のためにRV05の身体的なファン速度ス イッチを高さに設定するとあなたに勧めます。扇風機がまだ回転しないならば、置き換えを手配するために、再販業者またはシルバーストーン と交信してください。

A:あります、候補者、冷却と静けさの最高のバランスのために、CPUクーラーの上で直接ファンを就任させること、通常、ケースの後部の上の装置している換気扇より効果的です。

A:RV04の気流行く手がそうであったA.は、熱を放散させるために陽圧設計を使うことを最適化しました。2人の前部180mmのファンは、等しい気流をCPUとグラフィック・カード域に提供します。我々の試験結果から、後部の換気扇は、グラフィックス・カード域のためにより大きな冷却のパフォーマンス損失を犠牲にしてわずかにCPU温度を降ろすアンバランスな気流をつくります。設置される換気扇なしでさえ、熱気は自然に後部からまだ出ます。我々は、CPUクーラーの上へ直接ファンを就任させることがファンをファン格子に対して後者のより吹きさらしの場所と乱気流に与えられるべきものである後部の換気扇スロットに取り付けさせることと比較して全体的により静かなケースに終わるとテストを通してもわかりました。それで、すべてのものを考慮して、換気扇はこのケースのデザインで不必要です、しかし、後部のファン馬はオールインワン液体冷却解決の便利な配置のためにまだ含まれます。

A:RV04は最適な静音を達成するように設計されたので、乱気流に関連した雑音を減少させるために、フロントファンの正面にファンガードはありません。 システムがオンの間、異物が回転しているファンに触れて破損する可能性を小さくするため、システムがオフであるときにだけフィルタを取り外して清掃することをお勧めします。

A:あなたのファンがマザーボードに接続しているならばA.と、我々はBIOSで温度調節機能をオフにするためにあなたに示唆します。あなたがあなたのマザーボードの上で温度調節機能を使用したいならば、我々は低い立上げ電圧と支配のより広い範囲のためにRV04の身体的なファン速度スイッチを高さに設定するとあなたに勧めます。扇風機がまだ回転しないならば、置き換えを手配するために、再販業者またはシルバーストーンと交信してください。

A:このシャシー支持物ケンジントン保安が全てのシャシーだけがロックしたが、内部の構成要素の窃盗を防止することもできるとき、とられるのを防がないためにロックするA.。トップカバーが独立して取り外されることができるならば、第一にケンジントン・ロック穴を持っても無駄である。

A:カスタマイズされた液体冷却装置には、確かなインストール手順がありません。典型的シャシーは、これに対する準備をしません。DIYユーザーは、準備自体をしなければなりません。あなたが3×120mmのラジエーターを設置したいならば、我々はより良い選択肢としてその代わりに二重180のラジエーターをMagicoolに推薦します。

A:冷却と静音性のバランスを考えると、一般的にCPUクーラーの上に直接ファンを設置する方が、ケースに排気ファンを設置するより効率的です。

A:大部分は上部120mmファンのエリアに適合します。より大型のクーラーであれば、底部パネルへの取り付けを推奨します。

A:はい。ただしシステム動作中に異物が触れて回転中のファンに損傷を与えないよう、素早く処理するようお勧めします

A:3つの120mmラジエターを取り付けることを考慮されているのであれば、代わりに「Magicool Dual 180」のようなデュアル180mmラジエターの 設置を強くお勧めします。双方のタイプのラジエターは同じ長さですが、デュアル180mmラジエターは約50%大きな表面積があり、より大きな 潜在性能を有します。

A:コントロールパネルに移行し、電源オプションを選び、電源オプションから「USBのセレクティブサスペンドの設定」オプションを設定します。バッテリー駆動と電源に接続の両方のモードで設定を無効にします。

A:      リバーシブルType-Aの設計上、通常のType Aコネクタのように「カチッと」はまる感覚はありません。それでUSBポートに確実に接続されるよう、多少力を入れてコネクタを押す必要があります。「カチッと」はまる感覚がないのに慣れるよう、何度か試してみてください。

A:1. お持ちのモバイル装置のワイヤレス充電受信エリアを確認し、ワイヤレス充電エリアの中央に置かれるようにします。
2. パワーバンクが電源オンで、バッテリーに十分な電量があることを確認してください。

A:ワイヤレス充電時、モバイル装置は若干温度が上昇しますがこれは正常なことです。アドオンのワイヤレス充電レシ ーバーの品質により、種々の充電効率、速度、温度がある点にご注意ください。当社はモバイル装置に内蔵、または 付属のレシーバーを使用されるようお勧めいたします。

A:1. パワーバンクがワイヤレス充電エリアに不明な金属片を検出しました。これを除去してください。
2. パワーバンクは通常より低い充電効率を検出しました。モバイル装置の位置を調整するか、ワイヤレス充電レシー バーを換えてください。

A:パワーバンクの放電速度は、モバイル装置自体の放電特性に依存します。

A:動作不良や異常に遅い充電速度を避けるには、外部電源ソースが最低定格5A/1Vであるようにしてください。
火のそばに置いたり、水に浸けたりしないでください。

A:ほとんどの場合は可能ですが、ドライブが以前使われていた環境によっては互換性のない場合もあります。それで予測できないデータ 消失を防ぐため、使用前にバックアップを取ってください。

A:当製品は2.5" SATA / SAS HDD / SSDに対応しますが、IDE, SCSI HDDには対応しません。

A:フォーマット機能実行時にクイックフォーマットが選択可能です。

A:パワーバンクが自身のバッテリーを充電中は、同時に他の装置の充電には使用しないでください。

A:The length of USB 3.0 cable is around 650mm (25.59inches)

A:

The TS03 supports slim optical drive to reduce the depth required in the 5.25” optical drive bay. It can increase the space for CPU cooler in the GD05. The limitations of installing NT06-E into the GD05 are as follow:

  1. Horizontal orientation of CPU cooler on the motherboard.


    The distance from CPU to motherboard edge.
    55.5mm<x<68mm
    69.5mm<y<89mm


  2. Vertical orientation of CPU cooler on the motherboard.

The distance from CPU to motherboard edge.
59.5mm<x<96.5mm
98mm<y<117.5mm

The above limitations apply only if graphics card is installed in the first expansion slot and with rear 80mm fans installed.
If fans are removed, y distance decreases by 25mm
If graphics card is installed in the second expansion slot, the x distance increases by 20mm

Installation guide

  1. Install the NT06-E on the motherboard.



  2. Insert a slim optical drive into the TS03.


  3. Install the motherboard into the chassis.




  4. Install and secure the TS03 in the 5.25” drive bay.



  5. Connect the wires and cables to the TS03.



  6. Install a 120mm fan over the NT06-E as needed.

A:There are two main types of heat pipes used in popular aftermarket coolers, they are groove and powder. Groove heat pipes are very susceptible to gravity while powder heat pipes are less so. To achieve best performance in either heat pipe technology, they need to be placed horizontally or have the heat source side located below the other end of the heat pipe. We recommend choosing and installing components with heat pipes carefully by taking into consideration of the following examples:

Motherboard:

The orientation of an enthusiast motherboard in a normal ATX case


The orientation of an enthusiast motherboard in the

As the illustrations above show, most enthusiast motherboards with heat pipes will work fine in the , the heat source is located below other parts of the heat pipe.
CPU cooler:
Horizontal style cooler


Good orientation Good orientation Bad orientation


Many CPU coolers can be rotated when installing on motherboards, the illustration here shows a SilverStone NT06-E

VGA cooler


The illustration here shows a VGA cooler that will not work well in the because the heat source side (touching the GPU) ends up being located higher than the other end.

A:RV02B-W v1.7 and after
FT02B v1.4 and after
FT02S v1.4 and after
FT02B-W v1.7 and after

A:

1. Use both hands to remove top cover gently.
     

2. After loosening four screws, detach both side panels gently.
     

3. After loosening six screws behind the front panel, detach front panel gently.
     
     

4. First, loosen two screws located on the top-front cover.
    Then push top-front cover in the direction as shown gently and finally pull up to detach the top-front cover.
     

5. Flip top-front cover over to loosen two screws near front I/O module and detach it gently.
     

6. Install USB 3.0 front I/O module (part number: G11303260) and fasten two screws back gently.
     

7. Assemble parts back in reverse order carefully.
    Your case is now USB3 ready.
     

A:There is a power switch located directly on SG08's power supply and it maybe in the "off" position. The switch is located next to the power cord connector on the power supply, please check it and make sure it is in the "on" position.

A:It depends on the screen weight and the supported wall mount holes. The size of the screen is not a determining factor on product support. Bigger screens can be supported if their weight falls below the product rating while smaller screens that are above the product rating will not be supported. Lastly, a screen must have wall mount holes design to the same standards as the specified in the product specifications or it will not be supported.